女児殺害「事故にみせかけるため線路内に置いた」と供述

新潟市の小学生の女の子が殺害されJRの線路に遺棄された事件で、逮捕された23歳の男は「事故にみせかけるために線路内に遺体を置いた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。女の子の首や口には押さえつけられたような痕が残っていましたが、警察は、こうした痕跡も事故で分からないようにしようとした疑いもあるとみて調べています。
新潟市西区の会社員、小林遼容疑者(23)は、今月7日の夜、自宅に近いJR越後線の線路内に近くに住む小学2年生、大桃珠生さん(7歳)の遺体を遺棄した疑いなどで逮捕されました。これまでの調べで、小林容疑者は「遺体を車にのせたままあちこち移動して、現場近くまで車で運んだ」と供述していることが分かっていますが、その後の調べで、「事故にみせかけるために線路内に遺体を置いた」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。また、「自宅から50メートルと近く、遺棄しやすかった」という内容の供述もしているということです。

女の子の首や口には押さえつけられたような痕が残っていましたが、警察は、こうした痕跡も事故でわからないようにしようとした疑いもあるとみて詳しく調べています。