落札された肖像画はレンブラントの作品だった 44年ぶりの発見

落札された肖像画はレンブラントの作品だった 44年ぶりの発見
k10011441121_201805170519_201805170526.mp4
作者がわからないまま競売にかけられた肖像画が、17世紀を代表するオランダの絵画の巨匠、レンブラントの作品であることがわかりました。レンブラントの新たな作品が見つかったのは44年ぶりです。
若き紳士を描いたこの肖像画は、イギリスの貴族が6代にわたって保有していたもので、おととしロンドンで競売にかけられ、13万7000ポンド、日本円で2000万円余りで落札されましたが、作者はわからないままでした。肖像画を落札したオランダの美術商の男性は、作者が、名画「夜警」などで知られ、17世紀を代表するオランダの巨匠、レンブラントではないかと考え、数十人の専門家に鑑定や分析を依頼していました。その結果,、絵の構成や筆使い、それに顔料などから、レンブラントの作品と認められました。レンブラントが肖像画家として名声を得ていた28歳、1634年ごろに制作した作品と見られるということです。

レンブラントが、生涯に描いた作品は、およそ350点とされ、新たな作品が見つかったのは、実に44年ぶりです。またこの肖像画は、もともと男女2人が描き込まれた大きな絵が左右に切り離された半分である可能性があるということで、残る女性の肖像画が、今も人知れずどこかで眠っているのではないかと関心を集めています。