安倍首相 拉致被害者家族らと面会し説明へ

安倍首相 拉致被害者家族らと面会し説明へ
史上初の米朝首脳会談を受け、安倍総理大臣は、14日拉致被害者の家族らと面会し、会談の内容などを説明することにしています。政府は、今後、日朝首脳会談での拉致問題の解決を目指し、北朝鮮との協議を模索するものと見られますが、北朝鮮は解決済みという姿勢を変えておらず、協議は難航することも予想されます。
安倍総理大臣は、アメリカのトランプ大統領と、シンガポールで行われた史上初めての米朝首脳会談のあとに電話で会談し、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長に対し、拉致問題の解決の必要性を提起したことなど会談内容の説明を受けました。これを受けて安倍総理大臣は、14日総理大臣官邸で拉致被害者の家族らと面会し、米朝首脳会談などの内容を直接説明したうえで、今後の要望を聞くことにしています。政府は、今後日朝首脳会談での拉致問題の解決を目指し、北朝鮮との協議を模索するものと見られます。政府高官は、記者団に対し、「北朝鮮は、日本が拉致問題をいちばん重要視していることを把握しているので、拉致問題が動かないかぎりは北朝鮮への経済支援はしない。日朝首脳会談に向けては、これからいろいろな駆け引きが出てくるだろう」と述べました。

ただ北朝鮮は、「拉致問題は解決済み」という姿勢を変えていないことから、政府内からは、北朝鮮から前向きな対応を引き出すのは容易ではないという見方も出ており、協議は難航することも予想されます。