看護師遺棄事件 金もうけ誘う書き込みで連絡

浜松市で29歳の看護師が連れ去られ、静岡県藤枝市の山で遺体が見つかった事件で、監禁の疑いで逮捕された男の1人が、「金もうけに誘う内容の書き込みをきっかけに連絡を取り合った」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかりました。
先月26日の午後6時ごろ、浜松市のスポーツジムの駐車場で、市内に住む看護師の内山茉由子さん(29)が2人の男に車ごと連れ去られ、2週間後の今月9日、藤枝市瀬戸ノ谷の山で、土に埋められた遺体が見つかりました。警察は、20代の男と、名古屋市内の警察署に出頭してきた40代の男が連れ去ったとして、監禁の疑いで逮捕しました。これまでの調べで、逮捕された2人は、インターネットの掲示板で知り合い、内山さんとは面識がなかったとみられています。捜査関係者によりますと、20代の男は「金もうけに誘う内容の書き込みをきっかけに連絡を取り合った」という趣旨の供述をしているということです。

警察は、掲示板の書き込みをきっかけに男らが個別に連絡を取り合って合流し、内山さんを連れ去ったとみて、いきさつを調べています。