ノーベル平和賞 劉暁波氏死去1年 各地で追悼集会へ

中国の民主化運動の象徴的な存在で、服役中にノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏が死去してから13日で1年になります。香港など各地で追悼集会が予定される中、中国での軟禁状態が解かれ、ドイツに出国した妻の劉霞さんが現地での集会に出席するかどうか動向が注目されています。
劉暁波氏は、中国の民主化運動の象徴的な存在で、服役中の2010年にノーベル平和賞を受賞し、去年7月13日、がんのため、亡くなりました。死去から1年となる13日は、香港や台湾、それに日本など各地で追悼集会が予定されていますが、中国本土では、当局が民主化を求める動きが活発になることを警戒して追悼の動きを抑え込んでいます。一方、中国政府は劉氏がノーベル賞を受賞した直後から8年近くにわたって軟禁状態に置いていた妻の劉霞さんについて、今月10日、病気の治療を理由にドイツへの出国を認めました。劉霞さんは、ドイツに到着したあと、病気の治療にあたっていると見られますが、現地で面会した友人はドイツでの追悼集会に出席する可能性があるという見方を示しています。

劉霞さんは、家族を中国に残していることから、中国政府に批判的な意見など、劉暁波氏をめぐって自由に発言することは難しいのではないかという指摘もありますが、追悼集会への参加や今後の発言など動向が注目されています。