西日本豪雨 台湾から2000万円の義援金

西日本を中心にした記録的な豪雨で大きな被害が出たことを受けて、台湾は12日、日本との窓口機関を通じて2000万円の義援金を贈りました。
日本との窓口機関である台湾の駐日代表処の謝長廷代表は、12日、東京にある日本台湾交流協会を訪れました。そして、記録的な豪雨で大きな被害を受けた被災地の復興に役立ててもらおうと、義援金として2000万円の目録を谷崎泰明理事長に手渡しました。謝代表は「このたびの豪雨による犠牲者とそのご家族にお見舞い申し上げます。台湾と日本はともに自然災害が多く、そのたびに互いに助け合い、今回もニュースを見るたび、支援したいと思っていました。わずかですが被災地の復興に役立ててほしい」と述べました。これに対し、谷崎理事長は「台湾からの心温まるメッセージに感謝申し上げたい」とお礼を述べました。義援金は日本赤十字社を通じて被災地に届けられるということです。

台湾は、2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震の際にも日本に義援金を贈っていて、謝代表は今回の豪雨被害についても継続的に支援していきたいとしています。