NATO首脳会議でトランプ氏 各国の国防費増額に一定の評価

NATO首脳会議でトランプ氏 各国の国防費増額に一定の評価
アメリカのトランプ大統領はNATO=北大西洋条約機構の首脳会議の2日目も国防費の増額が不十分だとしてヨーロッパ諸国への不満を表明しましたが、終了後の記者会見では各国の増額への取り組みに一定の評価をし、引き続きNATOに関与していく姿勢を示しました。
NATOの首脳会議は、ベルギーの首都ブリュッセルの本部で、2日間の日程で開かれ、2日目の12日もトランプ大統領は前日に続いて、ツイッターなどで国防費の増額が不十分だとしてドイツなどヨーロッパ諸国への不満を表明しました。しかし、首脳会議終了後に記者会見したトランプ大統領は「きょう非常に大きな進展を遂げた。加盟国はかつてない取り組みを見せた。加盟国は、より迅速に国防費を増額し、GDPの2%への引き上げを達成する」と述べ、加盟国の増額への取り組みに一定の評価をしました。そのうえで軽視する姿勢も示してきたNATOについて「NATOは強化された。われわれはNATOに関与していく」と述べ、引き続きNATOに関与していく姿勢を示しました。NATOの首脳会議では、国防費の増額をめぐってアメリカとヨーロッパの亀裂が表面化する中で、トランプ大統領としては記者会見で各国の取り組みに一定の評価をすることで亀裂の拡大のくい止めを図った形です。

ただ、貿易面ですでにきしむアメリカとヨーロッパが今回のNATOの首脳会議で安全保障面でも亀裂が表面化したことで同盟関係の行方に対する懸念は払拭(ふっしょく)されていません。