デモ出発の区立公園 1か所に限定へ 東京 新宿区

デモ出発の区立公園 1か所に限定へ 東京 新宿区
デモ行進の出発地をめぐって、東京 新宿区は住民などからの苦情が多く寄せられているとして、使用を許可する区立公園の数を4か所から1か所に減らすことになりました。
新宿区内でのデモ行進をめぐっては、区立公園のうち、住宅地にないことや公園内に100平方メートル以上の広場があるといった条件を満たす、4か所の公園が出発地として区から使用を許可されています。一方で区によりますと、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動や憲法の議論などに関するデモ行進が増え、近隣の住民や商店それに公園の利用者から苦情が多く寄せられているということです。これを踏まえて区は、区立公園の使用基準に「学校や教育施設、商店街に近接しない」とする新たな規定を盛り込み、来月1日からデモ行進の出発地として使用できるのを「新宿中央公園」1か所に減らします。

新宿区みどり公園課は「公園利用者からの要望や周辺の住環境を保全する観点から見直しを決めたもので、表現の自由を制限する意図はない。デモの主催者には理解を求めていきたい」としています。