午前中すでに猛暑日のところも 特に被災地は熱中症注意

午前中すでに猛暑日のところも 特に被災地は熱中症注意
k10011531401_201807131210_201807131210.mp4
西日本と東日本は13日も厳しい暑さとなっていて、ところによって午前中から35度以上の猛暑日になっています。特に記録的な豪雨の被災地で避難所で生活する人や復旧作業にあたる人は、熱中症に十分な注意が必要です。
気象庁によりますと、東日本と西日本は広い範囲で高気圧に覆われて各地で晴れ、午前中から気温が上がっています。午前11時半までの最高気温は▽三重県桑名市で35度5分▽高知県香美市物部で35度ちょうどと、すでに35度以上の猛暑日になっているところがあります。記録的な豪雨の被災地でも▽岡山県高梁市で33度6分▽広島市三入で33度4分▽愛媛県宇和島市で32度9分などと厳しい暑さになっています。気温はこのあとも上がる見込みで、日中の最高気温は▽岐阜市で37度▽名古屋市、京都市、山口市、佐賀市で36度▽岡山市で35度などと猛暑日が予想され、▽広島市と愛媛県宇和島市で34度と予想されています。気象庁は、熱中症に十分注意し、特に被災地の避難所で生活する人や復旧作業にあたる人はこまめに水分を補給するなど対策を取るよう呼びかけています。一方、気温の上昇に伴って大気の状態が不安定になるため、局地的に急な雷雨が発生するおそれもあります。

被災地では、今も地盤が緩んでいたり土砂や流木で川の流れが悪くなっていたりするところが多いため、引き続き土砂災害や川の氾濫に十分な注意が必要です。