《全国高校サッカー県大会》桐生第一 「芸術的ゴール」で流れ

《全国高校サッカー県大会》桐生第一 「芸術的ゴール」で流れ

[2018/11/11]

桐生第一―常磐 後半9分、桐一のMF梅林(6)が先制ゴールを決める=県営サッカー場

桐生第一―常磐 前半、攻め上がる相手からボールを奪おうとする常磐のDF閑野(4)

 桐生第一が後半2得点を挙げ2年連続の決勝進出を決めた。前半は常磐のマンマークにてこずり、シュートはわずか2本だったが、後半9分のMF梅林幹の芸術的なゴールが流れを変えた。

 MF小池泰誠のクロスを梅林がゴールに背を向けてトラップ。「風もある。思い切って打とう」と右足を振り抜くと、ボールはきれいな弧を描いてゴール左に吸い込まれた。豪快なオーバーヘッドシュートに「あんなシュートは打ったことない。自分でもびっくり」と声を弾ませた。

 相手が前掛かりになるとMF田中渉がパスを散らし、好機を演出した。後半ロスタイムには相手GKが飛び出してクリアしたこぼれ球を、田中が右サイドへ。フリーで受けたMF松下駿也が落ち着いて決め、貴重な追加点を奪った。アシストの田中は「前半はマンマークでボールに触れられず、やりづらかった。後半はしっかりスペースを見つけて攻められた」と振り返った。

 中村裕幸コーチは「0―0で終盤に行くのは嫌だったので先に点を取れたことが大きかった」とし、「後半の決定機を外したのは修正しないといけない」と、シュート精度の向上を課した。

 決勝の相手は、昨年終了間際の失点で敗れた前橋育英。中村コーチは「我々は挑戦者。失う物は何もない」と大一番に闘志を燃やす。桐一イレブンが雪辱を果たす舞台は整った。(吉野友淳)

◎粘りの守備 耐えきれず…常磐

 常磐は「チャレンジ&カバー」を徹底し、全員が連動した守備で桐生第一相手に健闘した。攻撃はFWアギアル優介やMF小林拓未を軸に、パワーとスピードを兼ね備えたカウンターを展開した。間野健彦監督は「同点に追い付くチャンスはあったが、決めきれなかった。勝負を分けたのはそういうところ」と悔しさをにじませた。

 準々決勝まで無失点を貫いた。この日も序盤からDF羽生大輝を中心に声を掛け合って、相手のシュートの際に一歩体を寄せる気迫の守備を見せた。1点を追う後半にはアギアルのクロスから小林がシュートを放つなど惜しい場面もあった。

 アギアルは「守るものはなく全力で行こうという思いだった。一つ一つのプレーの精度がもっと高ければ」と涙を浮かべ、「桐生第一に全国へ行ってほしい」と願った。