「現代の名工」に表具師、鋳金家など150人

厚生労働省は11日、伝統工芸や工業技術など各分野で優れた技能や業績を持つ150人を2018年度の「現代の名工」に選んだと発表した。12日に東京都内で表彰式を開く。



画像の拡大

「現代の名工」に選ばれた表具師の出町睦子さん(富山県高岡市)=共同

選出されたのは金箔を使った独自の技法を用いびょうぶや立体作品を創作する富山県の表具師、出町睦子さん(82)、古くから受け継がれる鋳造技術を活用して博物館に展示されている銅鐸(どうたく)などの復元を手がける京都府の鋳金家、小泉武寛(本名・正弘)さん(73)ら。

現代の名工は技術者の地位や技能向上を目的に1967年度に創設され、今年で52回目。業界団体や都道府県が推薦する候補を審査し、褒賞金10万円が贈られる。表彰者は本年度を含め6346人となった。