『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』Steamでも販売開始!人気作『ウィッチャー』シリーズのカードバトルRPG


CD Projekt REDは『Thronebreaker: The Witcher Tales(奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ)』をSteamにて販売開始しました。

本作は『ウィッチャー3 ワイルドハント』の制作陣が開発したシングルプレイ用のカードバトルRPGです。北方諸国のライリアとリヴィアを統べる女王メーヴは、漆黒の軍団による侵略を目の当たりにし、自ら剣を取って相対することを決断します。30時間以上に及ぶ壮大な物語と、プレイヤーの選択に応じてエンディング時の世界情勢が20通り以上に変化します。

image
image
image
image
本作の特徴はカードバトルによる戦闘。『ウィッチャー』シリーズを知らないプレイヤーでも楽しむことができる内容となっています。拠点運営要素もあり、資源を集めて部隊や野営地をアップグレードすることも可能です。

image
本作の購入特典としては以下のものがあります。

  • 「奪われし玉座」の公式サウンドトラック
  • ダークホース社製「グウェント ウィッチャーカードゲーム」アートブック
  • ライリアのマップを含む、コンセプトアート集
  • コミック「ウィッチャー 2 FOX CHILDREN」(英語版)
  • Steam版「The Witcher: Enhanced Edition Director’s Cut」

『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』はPCを対象にSteamにて3,300円で配信中。GOG.comでも販売しています。12月4日にはPS4/Xbox One向けの発売も予定しています。