ストフェル・バンドーン 「トラブルで理想的な金曜日ではなかった」

マクラーレンのストフェル・バンドーンは、F1ブラジルGP初日のフリー走行を17番手タイムで終えた。

「僕たちにとって理想的な金曜日ではなかった。FP1とFP2でいくつか問題が発生して、僕たちの一日は少し短縮されてしまったし、あまり望んでいた走行ができなかった」とストフェル・バンドーンはコメント。

「FP1では来年の準備として多くのことをテストしたので、週末に向けて望んでいる準備はできなかったけど、ときどきそのような方法を採ることもある」

「明日は全てが解決されて、本格的に週末を構築していけることを願っている。ここではフィールドがいつもタイトだし、クルマから少しでも多くのタイムを引き出すことが本当に重要だ。明日の予選では最大限を引き出すことを目指していく」

「天候は日曜日も少し不安定になりそうだし、僕たちの有利に働くかもしれない。難しいコンディションになって、タイヤデグラデーションが厳しければ、いつも僕たちにとって良い機会があると思う」

「明日は良くなると思うし、予選に向けてもう少し準備ができることを願っている。どの位置で終えられるか見てみよう」

関連
F1ブラジルGP フリー走行2回目:バルテリ・ボッタスがトップタイム
F1ブラジルGP フリー走行1回目:マックス・フェルスタッペンがトップ

ストフェル・バンドーン | マクラーレン | F1ブラジルGP