串柿の玉すだれ、山里彩る 和歌山・かつらぎ町

串柿の産地として400年以上の歴史を誇る和歌山県かつらぎ町の四郷地区で10日、串柿作りが最盛期を迎えた。農家の軒先にだいだい色の柿が玉すだれ状に一斉につるされ、晩秋の山里を彩っている。



画像の拡大

農家の軒先に玉すだれ状につるされた串柿(10日、和歌山県かつらぎ町)=共同

四郷地区は約70軒の農家が串柿を生産。皮をむいた小ぶりな柿10個を長さ約50センチの竹串に通し、日当たりの良い場所にすだれのようにつるし乾燥させている。

10個には「いつもニコニコ(2個2個)仲むつ(6個)まじく」と家族の和への願いが込められ、正月の縁起物として鏡餅、ダイダイと一緒に飾られる。作業は今月下旬まで続き、主に京阪神方面に出荷される。〔共同〕