和毅、大人の対応で圧勝 35分遅刻メディナに「早く来た方」

大遅刻のメディナ(右)に大人の対応の和毅=東京都内の後楽園ホールビル内で

写真

 和毅、前哨戦で“圧勝”−。ボクシングのWBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦(12日、東京・後楽園ホール)の調印式が10日、東京都内で行われた。同級2位亀田和毅(27)=協栄=と対戦する同級1位アビゲイル・メディナ(30)=スペイン=が大遅刻の失態を演じたが、待たされた和毅は激怒するどころか、大人の対応で格の違い?を見せた。

 メディナは予定より35分遅れで会場入り。「疲労がたまってたので、横になっていた」と険しい顔で弁解。これを、聞いた和毅は「海外では1、2時間遅れることは普通。早く来た方ですよ」とサラリ。

 10代半ばでメキシコに渡った和毅はスペイン語もペラペラ。「携帯のスイッチ切って寝てたみたい」とメディナと通訳のやりとりを明かした和毅は「余裕。ま、10年前のオレなら、イラっとしてたかもですけど。キャリアの違い」とニヤリ。

 和毅にとっては、3年ぶりの世界戦。世界初の3兄弟複数階級世界王者もかかる。「2人とも引退して、残るはオレだけ。亀田家の思いを背負ってるんで。勝って、亀田家大復活や!」とキッパリと誓った。 (竹下陽二)