大迫所属のブレーメン、屈辱のリーグ戦3連敗。ボルシアMGに3失点喫し敗れる

2018年11月11日(Sun)1時30分配信

ブレーメン
ブレーメン【写真:Getty Images】

【ブレーメン 1-3 ボルシアMG ブンデスリーガ第11節】
 
 現地時間10日にブンデスリーガ第11節の試合が行われ、ブレーメンはホームにボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)を迎えて対戦。

 ブレーメンに所属する大迫勇也はベンチ入りを果たした。試合開始して39分、こぼれ球をアラサン・プリーに押し込まれボルシアMGに先制を許してしまう。続く48分には、コーナーキックから再びプリーに追加点を決められた。

 さらに52分、オスカル・ウェントがゴール前に折り返したボールにプリーが合わせて3点目。プリーにハットトリックを決められてしまう。59分にブレーメンのヌリ・シャヒンが1点を返すが追いつくことは出来ず、ブレーメンは1-3の敗戦を喫している。

【得点者】
39分 0-1 プリー(ボルシアMG)
48分 0-2 プリー(ボルシアMG)
52分 0-3 プリー(ボルシアMG)
59分 1-3 シャヒン(ボルシアMG)

【了】