宇宙実験の試料カプセル回収成功 日本初の独自帰還

 国際宇宙ステーション(ISS)の実験で作成した試料を収納し、物資補給機「こうのとり」7号機から分離したカプセルを回収することに成功したと11日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。日本がISSの物資を独自に回収したのは初めて。

 JAXAは、洋上に着水したカプセルを船で回収したことを午前10時37分に確認した。南鳥島を経由して航空機で運ばれ、内部の試料が13日にJAXAの筑波宇宙センター(茨城県)に到着する。

 こうのとりはISSから離脱後に大気圏に突入して燃え尽き、物資を持ち帰れない。このため、日本はこれまで試料の回収を米国とロシアの宇宙船に依存してきた。試料は鮮度が求められるものもあるが、海外を経由して日本に運ぶため、研究者の手元に届くまで時間がかかった。独自回収により短時間で届けられるようになる。

 カプセルの回収能力は最大約20キロ。米国の宇宙船の約1・5トンと比べごくわずかだが、JAXAには試料を回収する機会を増やす狙いがある。宇宙実験の費用対効果が厳しく問われる中、ISSの運用は2024年にも打ち切られる可能性があり、成果の拡大を急ぐ必要があるからだ。

 探査機「はやぶさ」は10年、小惑星の物質を地球に持ち帰ることに成功したが、カプセルは弾道のように降下するだけだった。今回のカプセルはエンジンを噴射して姿勢を制御しながら減速し、試料への衝撃を和らげながら降下できる。

 この方法は日本が将来、有人宇宙船を開発する場合、船内の飛行士を守るための基礎技術にもつながると期待される。JAXAの担当者は「ふんわりと降りる技術は、有人宇宙船開発の最初のステップになるかもしれない」と話す。

 カプセルは8日未明、こうのとりの機体の外側に取り付けられた状態でISSを出発。地球上空を周回後、地上からの信号を受けて11日午前にこうのとりから分離し、洋上に着水した。

 収納した試料は、ISSの日本実験棟「きぼう」で作成されたタンパク質の結晶と金属酸化物で計約1キロ。試料の鮮度を維持するため、内部を4度に保つ保冷剤も入れている。

 JAXAは試料を研究者に引き渡すとともに、大気圏突入時の高熱に耐えるように開発したカプセルの構造や、鮮度保持の機能などを検証する。カプセルは2年後に打ち上げが見込まれるこうのとり9号機にも搭載する可能性がある。