新語・流行語との距離感でわかる「おっさん力診断」

おっさんはどう生きるか(写真:アフロ)

写真を拡大

 決まれば決まったでひと言いいたくなるのが流行語大賞。今年はどうなるだろうか。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *

 今年もいつの間にかそういう季節ですね。11月7日に「新語・流行語大賞ノミネート30語」が発表されました。正式名称は〈「現代用語の基礎知識」選 2018ユーキャン新語・流行語大賞〉。今年が第35回で、1984(昭和59)年に行なわれた第1回の流行語部門・金賞は「まるきん まるび」、新語部門・金賞は「オシンドローム」でした。どちらも、今の若者にとっては意味不明でしょう。

 逆に、おっさんにとっては、現在の「新語・流行語」が意味不明だったりもします。己のおっさんぶりを自覚するために、おっさんとして強く生きていくために、2種類の「新語・流行語大賞でわかる! おっさん力診断」を作ってみました。

その1【2018年のノミネート語でわかる! おっさん力診断】

 2018年のノミネート30語のうち、とくに使い勝手がよさそうな10語は、あなたにとってどういう存在ですか。「意味や由来がわかる/しばしば使っている」はプラス1点、「聞いたことがある」は0点、「初めて聞いた」はマイナス1点として、全部を合計してください。

・悪質タックル

・(大迫)半端ないって

・筋肉は裏切らない

・ご飯論法

・時短ハラスメント(ジタハラ)

・そだねー

・ダサかっこいい/U.S.A.

・奈良判定

・ボーっと生きてんじゃねーよ!

・もぐもぐタイム

【合計点が8〜10点】鬱陶しくて迷惑なおっさん力

 新語や流行語に敏感過ぎます。いい歳してこのへんの言葉に詳しくて、しばしば繰り出してくるおっさんは、間違いなく周囲に「うわっ、キモッ」と思われているでしょう。

【合計点が0〜7点】可もなく不可もないおっさん力

 世の中の出来事に疎いわけではないけれど、無理に背伸びしたり振り回されたりはしていません。これからもおっさんとしての「分」をわきまえつつ、平穏な日々を送りましょう。

【合計点が0点未満】さすがに嘆かわしいおっさん力

 世の中の動きにそこまで無関心で過ごすのは、逆に難しそうです。さすがにどうかと思いますが、そんな自分も肯定できるのが、おっさんの底力であり図々しさと言えるでしょう。

その2【30年前の授賞語でわかる! おっさん力診断】

 古い話題でこそ、おっさんの真価は発揮されます。終わり行く平成に思いを馳せつつ、平成元年(第6回)の授賞語から5つの言葉をピックアップしました。これらは、あなたにとってどういう存在ですか。「今でも使っている/今も実践している」はプラス1点、「昔は使っていた/昔は実践していた」は0点、「昔も今も使ったこともなければ実践したこともない」はマイナス1点として、全部を合計してください。

・セクシャル・ハラスメント(新語部門・金賞)

・DODA/デューダ(する)(新語部門・銅賞)

・オバタリアン/オバタリアン(旋風)(流行語部門・金賞)

・「24時間タタカエマスカ」(流行語部門・銅賞)

・「こんなん出ましたけど〜」(流行語部門・大衆賞)

【合計点が4〜5点】かなり危険で時代錯誤なおっさん力

 もしも、今なおセクハラを実践し、中高年女性を「オバタリアン」呼ばわりし、部下に24時間戦うことを要求しているおっさんがいたとしたら、かなりの大問題です。唐突に甲高い声で「こんなん出ましたけど〜」と言うのは、もしかしたらウケるかもしれませんけど。

【合計点が0〜3点】過去と距離を置いているおっさん力

 過去の流行語は、たまに目にして「懐かしいなあ」と思うのが健全なスタンス。こうした言葉が注目された時代があったことや、話題になった背景は忘れないようにしましょう。

【合計点が0点未満】孤高を貫く生き方が潔いおっさん力

 まだそこそこ若者だった30年前も、こうした言葉と無縁で生きてきたというのは、それはそれでたいしたもんです。極端に面白味がないお人柄が伺えますが、大きなお世話ですね。

「2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンと年間大賞は、ノミネート30語の中から12月3日に発表されます。現時点での個人的な“大賞予想”は、本命「ボーっと生きてんじゃねーよ!」、対抗「そだねー」でしょうか。もし当たったら称賛してください。