明治神宮野球大会

【星稜-広陵】星稜の奥川恭伸投手=神宮球場で2018年11月10日、丸山博撮影


 第49回明治神宮野球大会第2日は10日、神宮球場で高校の部の2回戦2試合と、大学の部の1、2回戦各1試合が行われた。


 高校の部は星稜(北信越・石川)が広陵(中国・広島)を七回コールドで破り、準決勝進出。筑陽学園(九州・福岡)は桐蔭学園(関東・神奈川)との初出場同士の一戦を制して4強入りした。大学の部は、立正大(東都)が九州共立大(九州)を零封し、ベスト4一番乗り。近大(関西第1)は筑波大(関東第2)に競り勝ち、2回戦に進んだ。

残り945文字(全文1161文字)