武井壮が最高月収さらりと明かす「4~5000万円じゃないですかね」

武井壮が自分の思いを包み隠さず語った

写真拡大

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。11月11日の放送回には、陸上選手の経歴を持つ俳優の和田正人、“百獣の王”武井壮、そして青山学院大学陸上部監督・原晋氏が登場。アスリートの“ゴール”についてトークを展開した。

【写真を見る】“箱根駅伝ランナー”としても知られる俳優の和田正人も出演

まず武井は「そもそも正人は、僕よりデビューが早いし、箱根駅伝の選手が俳優になったってニュースがポンって出て、まぁそういう道あったかって、悔しいなってちょっと思ってて、陸上選手初のタレントを先にいかれてんなと思って」と和田にライバル心を抱いていたことを明かす。

その後、それぞれの恋愛や結婚、スポーツ界の不祥事について持論を展開し、選手引退後のセカンドキャリアの話題になると、武井が「セカンドキャリアなんてねぇんだよ。ずっとファーストキャリアだよ。

全部積み重ねた、陸上やったものを生かしてその後ずっとやってくわけで、このまんまおまえのキャリア続くからな、ってことをもっと言ってあげなきゃいけないし、今じゃあいくらもらってんだ(って聞くと)『いや給料はないですけど』(っていうけど)、このまんまスポーツやってたらそのまんまだからな。セカンドキャリアなんてねぇぞって。

すごい厳しい言い方だけど、俺まじで大好きなんだよ、アスリートの子たちが」と、日本の選手たちの現状に警鐘を鳴らす。

さらに「スポーツを金にもなんねぇのに、バカみてぇに毎日5時間も6時間もトレーニングしてこんな体になってさ、苦しいことにめちゃめちゃ耐えられる精神性持ってて、本当いい子たちばっかりなのよ。

だからこそ厳しく、おまえらそのまま行ったら、そんなにいい人間性持ってんのに、まじで、ちょっと勉強して、ちょっとお金のこと知ってるやつに全部やられちゃうんだから。

でもおんなじ努力を、おまえら努力する天才なんだから、コツコツ楽しくもねぇ苦しいことを毎日何時間もやる天才なんだから、おまえらがそこ行ったら圧勝だから。っていうのを俺は伝えたくてしょうがないんですよ」と、努力の方向性を少し変えるだけでアスリートのセカンドキャリアは変わると熱弁。

「自分が大好きな陸上の話をしたり、トレーニングするのも、演技の練習するのも、全部お仕事になってるじゃないですか。もう。だから本当にスポーツ選手のゴールってそこだと思うんですよ」と、アスリート経験を仕事に生かせることが理想だと語る。

この話に原氏が「箱根駅伝の指導者も今まではボランティアでやってたのが、指導者という職業が確立されて、それなりのお給料を頂いて。これが仕事なのか趣味なのか分からなくなっているよね」と、これまでの経験が今の仕事になっていることを話すと、武井が原氏に「どれくらい(ギャラ)もらうんですか?」と直球質問。

口ごもる原氏に自身の収入について「俺は隠さないって決めてるんで、そういうことを全然。最高月収くらいだったら全然言えますよ。月いくらとか。お金の話をしたいんじゃなくて、そのくらいできるんだっていうのを伝えたくて」とコメント。

原氏が「最高? 月収?」と質問すると、武井は「4〜5000万じゃないですかね」と自身の最高月収をサラッと明かす。

すると原氏と和田の2人は吹き出しながらあぜんとし、その額に驚きながら原氏は「夢与えてるよ〜」と、最大の成功例である武井に賛辞を送り、締めくくった。

次回「ボクらの時代」は11月18日(日)朝7時より放送予定。森尾由美、松本明子、布川敏和の3人が、アイドルの今と昔についてトークを展開する。(ザテレビジョン)