稲垣吾郎 剛力質問にタジタジ 1人で会見も…報道陣「ZOZO」連発にゾゾ~

 元SMAPの稲垣吾郎(44)が10日、東京・赤坂ACTシアターで、主演舞台「No.9-不滅の旋律-」(11日~12月2日)の公開稽古を女優の剛力彩芽(26)らと行った。稽古前に1人で会見した稲垣には、ZOZOの前澤友作社長(42)と交際中の剛力についての質問が集中し、稲垣はタジタジに。剛力は今年4月に前澤社長との交際を公表して以来初の公の場だったが、本人は何も語らなかった。

 何かと話題の女優とともに名作が3年ぶりに帰ってきた。稲垣は15年の初演に続き、ベートーヴェン役で主演する。

 会見した稲垣は、昨年9月に前事務所を退社してからの1年を「自分自身の環境も変わって、人間成長した」と振り返り、開幕を前に「いよいよって感じ」と声を弾ませた。

 相手役は、15年に初演した大島優子(30)から剛力へバトンタッチ。稲垣が初共演の剛力を「(役に)ピッタリ。2度目の舞台と言っていたけど、すごく真剣に黙々と取り組んでますよ」と絶賛したことをきっかけに、質問は徐々に剛力の話へシフトチェンジ。

 稲垣は来たかとばかりの表情で、「(剛力の)プライベートの話はニュースで見ていますが、役としての距離感を保ちたいので」との“控え目コメント”で受け流したが、報道陣からの「ZOZOさんから差し入れは?」「ZOZOスーツとかどう?」と矢継ぎ早に“変化球質問”が飛び、「その質問は想定していなかった…」と笑った。

 剛力は公開稽古には出席。前澤社長との交際をオープンにしてから初の公の場だったが、気の強い女性役を演じ切ると、笑顔で一礼しステージを去った。