絶好調・鎌田大地が初の1試合2得点で今季8得点。冨安健洋と豊川雄太も先発

2018年11月11日(Sun)6時06分配信

鎌田大地
鎌田大地【写真:Getty Images】

【オイペン 1-4 シント=トロイデン ベルギー1部第15節】

 現地時間10日に行われたベルギー1部リーグ第15節のオイペン対シント=トロイデンは、4-1でアウェイのシント=トロイデンが勝利した。オイペンのFW豊川雄太、シント=トロイデンのFW鎌田大地、DF冨安健洋が先発出場。MF遠藤航はベンチ入りしたが出番はなかった。鎌田が2得点を記録している。

 日本人3選手が先発したこのゲーム。立ち上がりから絶好調・鎌田が試合を動かした。

 13分、スルーパスに抜け出した鎌田はGKとの1対1を冷静に制してゴール。シント=トロイデンがリードを奪う。

 30分には鎌田が右サイドからのクロスに合わせてゴールネットを揺らすも、VARでオフサイドと確認されて2点目はお預けとなった。それでもリードを2点として迎えた55分、またしても鎌田が決める。ペナルティエリア左手前から直接狙える位置でのFK。キッカーのポル・ガルシアはシュートではなく壁の脇を通すパスを選択し、ここに走り込んだ鎌田が右足で決めた。

 その後、オイペンは65分にルイス・ガルシアのFKで1点を返すと、豊川が交代で退き、さらに攻撃的になった。

 それでもシント=トロイデンが80分に勝負を決める。鎌田のパスを受けたボタカがペナルティエリア右からクロスを入れると、ボリがゴール。リードを再び3点とした。

 試合は4-1で終了。シント=トロイデンが暫定5位となっている。

【得点者】
13分 0-1 鎌田大地(シント=トロイデン)
44分 0-2 デ・ノーレ(シント=トロイデン)
55分 0-3 鎌田大地(シント=トロイデン)
65分 1-3 ルイス・ガルシア(オイペン)
80分 1-4 ボリ(シント=トロイデン)

【了】