自民党の園田博之・衆議院議員が死去

自民党の衆議院議員・園田博之氏(76)が11月11日、肺炎で死去した。じている。

公式サイトなどによると、園田氏は熊本県生まれ。1986年、衆議院議員に初当選した。1993年に新党さきがけの結成に参加し、村山内閣で官房副長官を務めた。

新党さきがけの解党後、1999年にいったん自民党に復党したが、2010年に離党して「たちあがれ日本」の結党に参加。さらに、日本維新の会や次世代の党などに所属し、最終的に2015年、自民党に復党した。2017年の衆院選で比例九州ブロックに転出し、11回目の当選をしていた。

ハフポストの最新記事はこちら