試料カプセル こうのとりから分離、地上帰還へ

 国際宇宙ステーション(ISS)から離脱後、地球上空を周回してきた物資補給機「こうのとり」7号機が11日午前、宇宙実験で作成した試料を地上に回収するための小型カプセルを分離した。カプセルは南鳥島周辺の太平洋に着水して回収する計画で、成功すれば日本初のISSからの物資回収となる。

 こうのとりは8日未明、機体の外側にカプセルを取り付けた状態でISSを離脱した。エンジン噴射を繰り返して高度を下げ、地上からの信号を受けてカプセルを分離した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が11日午前6時24分に分離を確認した。

 順調にいけば、カプセルは大気圏突入時の高熱に耐えて降下し、落下傘を開いて着水。11日午前にも船で回収する。内部の試料は南鳥島経由で航空機で運ばれ、13日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県)に届けられる。

 カプセルはISSの日本実験棟「きぼう」で作成されたタンパク質の結晶と金属酸化物の試料計約1キロを収納した。円錐(えんすい)に近い形状で直径84センチ、高さ66センチ。試料の鮮度を維持するため、内部を4度に保つ保冷剤が入っている。

 日本はISSからの物資回収を米国とロシアの宇宙船に頼ってきた。独自に回収できれば、試料を鮮度が良い状態で迅速に研究者に届けることができる。

 こうのとり本体は大気圏への突入でほぼ焼失する。6号機まではいずれも南太平洋上空で突入したが、試料回収のため初めて場所を移した。