<伊達武将隊>エイズ感染防止を呼びかけ「ぜひ検査を受けてほしいのじゃ」

宮城のニュース

宮城 社会

image伊達武将隊がエイズ感染防止などを訴えたキャンペーン

 世界エイズデー(12月1日)を前に、県と仙台市は10日、エイズウイルス(HIV)の感染防止と患者への差別解消を訴える啓発キャンペーンをJR仙台駅で行った。
 市の観光PR集団「伊達武将隊」のメンバー4人が駅構内で啓発グッズを配り、早期の検査の必要性を訴えた。武将隊の伊達政宗は「大切な人を守り、仙台藩を豊かにするためにも、ぜひ検査を受けてほしいのじゃ」と呼び掛けた。
 市はエイズデーに合わせて12月1日午後1〜5時、エイズ・梅毒即日検査会を青葉区役所で開く。予約不要で匿名、無料。


関連ページ: 宮城 社会

2018年11月11日日曜日