King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』で「今年一番感動した!」と明かした出来事とは?

米津玄師入ってるグウジさん

 朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内のKing&Princeの冠コーナー「弟子入り~DESHIIRI」。11月5~9日は、神宮寺勇太が“引っ越しのプロ”に弟子入りし、サカイ引越センターの研修施設で研修を受けた様子が放送された(7日は放送休止)。

 これまで、“スーツアクター”や新感覚スポーツ“スラックライン”など、体を張る企画が多かった神宮寺は、今回も体力勝負の企画だとわかると「またお体張る系だ!」と早速ボヤき。「あの、僕見ていただけばわかる通りヒョロヒョロなんですけど、大丈夫ですか?」と不安を口にしていたが、師匠によると「持ち方のコツさえつかめば神宮寺さんでも必ず持てます!」とのことだ。

 だが、“引っ越しのセンス”を見るために「テーブルを運んでください」と課題を出されて挑戦するも、ドアの入口にテーブルの足をぶつけてしまい思わずテーブルの影に隠れる神宮寺。「神宮司さん、当たってますよ! 音してますから」と注意を受け、再度の挑戦で成功したものの、床に置くときに“ドンッ”と置いてしまう場面も。どうやら、今のところ神宮寺の引っ越しセンスはゼロのようだ。

 さらに、引っ越しの基本である段ボール運びでは、漫画が入った重い段ボール箱を持ち上げようにもまったく持ち上がらず、「あはっ!?」「うーいっ! うーいっ!」と、少々変わった声を上げながら悪戦苦闘。小物が入った軽い段ボール箱を上に重ね、「うりゃー!!」と気合だけで立ち上がるも、これだけの動作で1人で大騒ぎ。

 そのうえ、階段を下りる際に上に重ねた段ボールを落下させ、箱の中身をばらまく神宮寺。「お客様のお宅だったら、これはありえないでしょ」と本気で怒られてしまう一幕もあった。

 その後、軽い箱の上に重い箱を乗せると運びやすいという裏技を伝授してもらい、実践してみた神宮寺は「え? 軽い! ほんとに違う! 持って(みて)くれないかな、誰か?」「軽い。ウソみたい。全然違うわ!」と驚き。実際の重さは変わらないのだが、運び方ひとつで体感する重さがまったく変わるということに「すごい! これは、俺今年で一番感動したかもしれない」と激しく感動していたのだった。

 最終日には、自分が落下する危険性も伴う「100キロのタンスを窓から搬入する」作業にも挑戦し、無事に家の中に搬入することに成功した神宮寺。メンバーカラーの青色のつなぎ服が、サカイ引越センターの青色の制服に同化し、すっかり引っ越し業者のようになっていたが、師匠からも「神宮寺さん、一緒に働いてくれる仲間を募集してます!」とスカウトされると「入ろうかな!」とにっこり。

 すると、ファンからは「業者さんにお仕事誘われてる(笑)」「入ろーかな、じゃないよ! あなたはずっとアイドルでいて」「神宮寺くん、スカウトされちゃった。でもごめんなさい。キンプリメンバーなので」など、本気で心配する声も上がっていたのだった。

 体を張る系は神宮寺、球技なら永瀬廉、食べ物系は岸優太……と、メンバーが弟子入りするジャンルが固まりつつあるこの企画。次はどんな体力企画に挑戦するのかも楽しみだ。
(華山いの)