『アベンジャーズ/エンドゲーム』2019.4.26日米同時公開 予告に日本シーンも

『アベンジャーズ/エンドゲーム』2019.4.26日米同時公開 予告に日本シーンも



映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』2019年4月26日に日米同時公開(C)2018 MARVEL


 マーベル・スタジオの大ヒットシリーズ『アベンジャーズ』より、最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』の予告編が解禁された。同作は2019年4月26日に日米同時公開される。

 タイトルと共に今回初めてお披露目された予告編は、サノスとの激闘に敗れたアイアンマンが「水と食料は4日前に底を尽きた。酸素ももうじきなくなる」「君の夢を見て眠るよMs.ポッツ」とたったひとりで宇宙をさまよい、絶体絶命の状況に諦めを見せるシーンからスタート。そのころ人類の50%を失った地球では、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウ、が「うまくいくはずだ。もしダメなら…お手上げだ」と、この危機を脱却する“ある最後の作戦”について相談しているという、緊迫したシーンが映される。

 最新映像では、前作で姿を見せることがなく、SNSを大いに賑わせたアベンジャーズメンバーで弓の名手、ホークアイが満を持して登場。その姿はこれまで誰も見たことのない新たな装いで、手に持つ武器もまったく新しい刀に変わっている。ブラック・ウィドウが映像の中でホークアイに再会した場所は、日本語の看板が多数見える日本らしき街並みだ。本作の監督を務めるルッソ兄弟は「今回のアベンジャーズは日本が舞台になる!」と正式に明かしている。

 ほかにも、苦悩する雷神ソーや、ハルクことブルース・バナー、そして戦いに勝利した宿敵サノスの影も。さらに、1.5センチの人気ヒーロー、アントマンが、キャプテン・アメリカの前に現れるシーンも見ることができる。

 タイトルの「エンドゲーム」が意味するのは、“アベンジャーズの終わり”なのか、それともヒーローたちによる壮大な“大逆転劇”が待っているのか。世界中を熱狂させてきたシリーズの結末への期待感があおられる映像となっている。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は2019年4月26日より日米同時公開。