【ロッテ】ドラ1藤原、困惑…ツイッターなりすまし被害

 ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=がツイッターのなりすまし被害に遭っていることが7日、分かった。

球団が確認した範囲で14件あり、これ以外にも類似するものがあると思われ、他のSNSでも同様の被害がある可能性も。藤原は友人から、なりすましの存在を聞かされたといい、「ボク個人としてはどうでもいいのですが、やはり読んでいる人に申し訳ないと思いますし困惑しています」と表情を曇らせた。

 高校時代から人気抜群で将来のスター候補らしい悩みだが、逆に言えばファンに注目されてきた“証拠”でもある。それでも本人はいたって冷静で「今の自分は野球に集中していますのでツイッターもインスタグラムもやるつもりは全くありません。そういうのは1軍でレギュラーをしっかりとつかんでから、と考えています。今は全然興味がないので、ファンの皆様は僕の名前のツイッターを見ても、すべてなりすましだと思ってください」とキッパリ言い切り、ファンへ呼び掛けた。

 「とにかく野球に集中してバットを振る時間を大切にしたいと思います。2月1日から紅白戦があると聞いているので、そこで勝負できるようにギアを入れていきたいと思います」とドラ1。脇目も振らずに、バットだけを振るつもりだ。