【前走後の談話】土曜中京11R・中日新聞杯

中央競馬:予想

{“attribute”:[{“baitai”:”05″,”racedate”:”20181208″,”racecourse”:”07″,”raceno”:”11″,”style”:”00″}],”yosouka”:104}

 ◇アメリカズカップ「少し力むところがあったなかで、2000メートルに対応してくれた。最後もいい脚を使っている」(松山弘騎手)

 ◇エテルナミノル「久々で、ゲート内でうるさいところがあった。それに、前も止まらなかった」(四位洋騎手)

 ◇エンジニア「デキは良かっただけに、このペースだとハミをかんで力(りき)んでいた。もう少し流れてくれれば、この距離でも差し込めそう」(北村宏騎手)

 ◇ギベオン「イメージ通りの競馬はできたけど、4コーナー手前から手応えが怪しくなり、そこから下がる一方で…。距離の問題なのか、よく分からない」(戸崎圭騎手)

 ◇グレイル「道中はリズム良く運べていたが、坂の下りでスムーズにスピードが乗らなかった」(岩田康騎手)

 ◇ショウナンバッハ「ロスなく運べた。ただ、直線ではどこもスペースがなかった」(川田将騎手)

 ◇スズカディープ「馬混みを気にすることがなく、収穫はあった。徐々にクラス慣れしていけば、もっとやれると思う。頑張ってくれた」(岩崎翼騎手)

 ◇ストロングタイタン「4コーナーまではすごくいい手応えだったし、パーフェクトだと思ったけど…。レース後の診断で、心房細動ということだったので仕方がない」(アヴドゥラ騎手)

 ◇ドレッドノータス「馬の後ろで我慢できており、追い出してからもスッと伸びた。力をつけていると思うし、重賞レベルでもやれそう」(岩田康騎手)

 ◇ハクサンルドルフ「この距離は忙しい。タメが利かなかったし、時計も速かった」(戸崎圭騎手)

 ◇マイスタイル「2番手からの形は予定通りだったし、後続に脚を使わせる競馬ができた。この馬自身はタメが利いていたけど、勝ち馬にはシュッと来られた」(田中勝騎手)

 ◇マサハヤドリーム「流れが速く縦長の展開で、動くに動けなかった」(勝浦正騎手)

 ◇メートルダール「20キロの体重増は太いと思っていたけど、乗ると大丈夫だったし、イレ込みがきついのもいつものことで問題はなかった。最後は長くいい脚を使ってくれた。勝ち馬は強かったけど、やはりGIIIでは力が上。ここ2戦は結果が出なかったけど、ここから仕切り直し」(福永祐騎手)

 ◇レイホーロマンス「リズム良く運べた。力負けだと思う」(福永祐騎手)

同じレースの予想