お笑いコンビ・ハイヒールが漫才で「更年期障害」発言 会場静まる

ハイヒールのリンゴ(左)とモモコ

写真拡大

 女性お笑いコンビ・ハイヒールが8日、読売テレビ「あさパラ!」(土曜、午前9・25)に出演。スーパーマラドーナ・武智が上沼恵美子に対して「更年期障害」と暴言を吐いた騒動の余波で、ハイヒールの漫才ネタで「更年期障害」というと会場がシーンとなったと明かした。

 リンゴは、2日前に年末の漫才番組の収録があり、NON STYLE・石田明が書いてくれた漫才ネタを披露したと説明。しかしネタの中で、モモコが「暑いわ〜」と言い、リンゴが「どうしたん?更年期障害ちゃうか」と返す場面があったというが、リンゴは「ウケへんねん」と苦笑。モモコも「しーん、となって」と振り返った。

 モモコは「これ言うたらアカンこと?」と問い、リンゴがモモコを指して「この子が、そやねんで」と訴えてネタにすると、共演者から「番組しょっぱなから飛ばしたらあきませんよ」と突っ込まれていた。

 武智は2日の「M−1グランプリ」終了後に、とろサーモン・久保田かずのぶと居酒屋からインスタライブを配信。審査員を務めた上沼を批判し、武智が「嫌いです、って言われたら更年期障害かって思いますよね」などと暴言を吐いた。2人はツイッターで謝罪したが、炎上が止まらなくなっている。