サントリーと神鋼が決勝進出=ラグビー・トップリーグ


image
トヨタ自動車戦の後半、トライを決めて喜ぶ神戸製鋼のアンダーソン(右端)=8日、大阪・花園ラグビー場

 ラグビーの第56回日本選手権を兼ねた、トップリーグの総合順位決定トーナメント準決勝は8日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、サントリーと神戸製鋼が決勝に進んだ。
 3連覇を狙うサントリーはヤマハ発動機に延長戦の末に28-25で勝った。後半終了間際にPGで同点とされたが、サドンデス方式の延長戦にSOギタウがPGを決めた。神鋼はトヨタ自動車を31-19で下した。SOカーターのトライなどで前半からリードを保ち、逃げ切った。
 決勝と3位決定戦は15日に秩父宮で行われる。(2018/12/08-18:21)