シリーズ最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」、Netflixにて2020年全世界独占配信決定!

シリーズ最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」、Netflixにて2020年全世界独占配信決定!

日本のみならず海外でも大ヒットを記録、多くのクリエイターに影響を与え続けるSFアニメ「攻殻機動隊」シリーズ。その最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」が、2020年、世界最大のSVOD(月額制定額オンラインストリーミングサービス)であるNetflixにて世界独占配信されることが発表された。

本作は押井守監督の「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」、「イノセンス」、神山健治監督の「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズ、黄瀬和哉監督の「攻殻機動隊ARISE」シリーズ、「攻殻機動隊 新劇場版」に続く最新作。

今回制作される「攻殻機動隊 SAC_2045」は、従来のセルアニメーションからフル3DCGアニメーションとして新たに生まれ変わる。
また、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズの神山健治監督・Production I.Gと新たにタッグを組むのは、「APPLESEED」シリーズで世界中のアニメ・ ファンに日本発の3DCGアニメーションを届け続けてきた荒牧伸志監督とSOLA DIGITAL ARTS。
アニメ「ULTRAMAN」に続き、両監督、両スタジオがタッグを組んでの制作となる。

左:神山健治監督、右:荒牧伸志監督

さらに今回の発表に際し、主人公・草薙素子の姿が描かれたビジュアルも発表された。
ダブル監督で描かれる新世代の「攻殻機動隊」に期待しよう。

【作品情報】

・原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)

・監督:神山健治 × 荒牧伸志

・制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS

2020年 Netflixにて全世界独占配信