マンU、負傷のサンチェスが年明けまでチリ帰国。さらに6試合以上を欠場へ

2018年12月08日(Sat)18時54分配信

アレクシス・サンチェス
マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、負傷の治療のためチリへ帰国し、少なくとも今後の6試合を欠場することが見込まれている。英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 クラブの発表によれば、サンチェスは11月29日の練習中にハムストリングを負傷したとのこと。その後同選手はプレミアリーグのサウサンプトン戦、アーセナル戦を欠場していた。

 報道によれば、サンチェスはチリ代表のメディカルスタッフによる治療を受けるため今週チリへ帰国したとみられている。ユナイテッドへ戻るのは年明け以降になるとの見込みだ。

 ユナイテッドは年内にチャンピオンズリーグ(CL)のバレンシア戦と、プレミアリーグのフラム戦、リバプール戦、カーディフ・シティ戦、ハダースフィールド戦、ボーンマス戦を予定している。少なくともサンチェスはその6試合をさらに欠場することになりそうだ。

 ユナイテッドで本領を発揮できず苦戦しているサンチェスは、負傷する前のCLの試合でも招集メンバーから外されていた。1月の移籍市場でユナイテッドを離れることを決意したとも噂されている。

【了】