ヴェルディ11年ぶりのJ1復帰なるか、ジュビロとの名門対決は要注目

東京ヴェルディ
東京ヴェルディは10年ぶりのJ1復帰を目指します 写真:長田洋平/アフロスポーツ

来シーズンのJ1を戦う18チームの中で、最後の1枠を争うJ1参入プレーオフ決定戦が8日午後2時、J1・16位のジュビロ磐田とJ2・6位の東京ヴェルディの顔合わせでキックオフを迎える。ホームのヤマハスタジアムで戦うジュビロは引き分け以上で残留を勝ち取れるが、下克上の連続の末に勝ち上がってきたヴェルディも勢いと自信に満ちている。ともにかつては黄金時代を築き上げながら、ジュビロはタイトル獲得から、ヴェルディはJ1の舞台そのものから遠ざかってきた。両チームが歩んできた苦難の軌跡や現在地を、大一番を前にあらためて振り返る。(ノンフィクションライター 藤江直人)

名門ジュビロが16位でプレーオフへ
名波監督就任も今シーズンは低迷

 天国と地獄を隔てる、運命の大一番のキックオフが迫ってきた。来シーズンのJ1を戦う18チームの中で、最後の1枠を争うJ1参入プレーオフ決定戦。J1で16位に終わったジュビロ磐田がホームのヤマハスタジアムで、J2の6位から勝ち上がってきた東京ヴェルディと激突する。

 2012シーズンから5年間は、J2の3位から6位までの4チームがJ1昇格プレーオフに参戦。トーナメントを勝ち上がったチームが、自動的にJ1へ昇格してきた。一転して今シーズンからはJ1の16位が自動降格ではなく、プレーオフに回るレギュレーションに変更されている。

 J1勢とJ2勢が入れ替え戦の形で激突するのは2008シーズン以来、10年ぶりとなる。J1の16位はくしくもジュビロであり、J2で3位に食い込んだベガルタ仙台を2戦合計で3-2のスコアで下して残留を決めている。今シーズンの指揮を執る名波浩監督が、現役に別れを告げた年でもあった。

 1990年代の後半から鹿島アントラーズと二強時代を形成。1997、1999、2002シーズンとJ1年間王者を獲得したジュビロの輝かしい軌跡を振り返った時、入れ替え戦に回った2008シーズンは、凋落していく渦中にあったチーム力が順位に色濃く反映された年だったと言っていい。

 黄金時代は司令塔の名波や、ともに得点王を獲得した中山雅史と高原直泰の2トップ、藤田俊哉や服部年宏、福西崇史らの中盤、そしてDF田中誠らの主力が、当時の日本代表にも名前を連ねた。Jリーグ最優秀選手賞(MVP)にもドゥンガ、中山、藤田、高原と歴代最多の4人を輩出している。

 しかし、主軸のレベルが突出していた分だけ、世代交代もなかなか進まなかった。アントラーズへ1998年に加入したMF小笠原満男、GK曽ヶ端準が39歳になった今シーズンもプレーし、歴史と伝統も後輩たちに伝えているのに対して、ジュビロはバトンを担うはずだった黄金時代の主力を次々と放出している。

 2003年度の天皇杯全日本サッカー選手権大会を制覇して以降は、手にしたタイトルは2010シーズンのヤマザキナビスコカップだけにとどまっている。2013シーズンにはJ1で17位に終わり、昇格した1994シーズンから戦ってきた最高峰の舞台から降格することを余儀なくされていた。

 J2を戦った2014シーズンも苦戦を強いられ、最終的にJ1復帰を逃した中で、9月に黄金時代の中心にいた名波が監督に就任する。2015シーズンのJ1復帰、2016シーズンのJ1残留争い、そして6位に躍進した2017シーズンを通して名門復活を着実に進めてきたはずだった。

 迎えた今シーズンは5位以内を目標に掲げた。しかし、ボランチのムサエフ、サイドアタッカーのアダイウトンが開幕直後に大けがを負って長期離脱。加入2年目の司令塔・中村俊輔も故障を繰り返し、出場試合数を昨シーズンの30試合から16試合へ、プレー時間を2623分から1077分へ大きく減少させた。

 正確無比なキックを左足に搭載する中村が絡む形でゴールも、必然的に減少してしまう。今シーズンの総得点35はリーグワースト2位。昨シーズンの最少失点をマークした守備陣も踏ん張りきれない展開を余儀なくされ、総失点は30から48に激増した。攻守のバランスの悪さ。低迷した原因はここに凝縮される。

 すでに連覇を決めていた川崎フロンターレと対峙した1日の最終節。今夏に加入したFW大久保嘉人のゴールで先制するも、直後にセットプレーから同点とされ、後半アディショナルタイムのラストワンプレーでキャプテンの大井健太郎がまさかのオウンゴールを献上してしまう。

 この瞬間、勝ち点41で5チームが並ぶ大混戦の中で、ジュビロが16位に転落することが決まった。ゴールを守るために、必死に体を投げ出した大井を誰も責められない。それでも、悪い流れの中でもがいてきた今シーズンを象徴するような幕切れに、名波監督は努めて前を向いた。

「この残酷な結果を受け止めるのに必死だけど、メンタル的にこれで落ちないように。今シーズンのレギュレーションに助けられたと思って、入れ替え戦は必死になって戦う」

11年ぶりにJ1復帰を目指すヴェルディ
OB藤川孝幸さんの存在が支えに

 運命に導かれた顔合わせ、と言ってもいいだろう。10年前のJ1リーグの順位表を見れば、勝ち点37でジュビロとヴェルディが並び、得失点差で前者が入れ替え戦へ、後者がJ2へ自動降格となっていた。そして、この年を最後に、ヴェルディはJ1の舞台から遠ざかったままになっている。

 J2の5位・大宮アルディージャ、3位・横浜FCをともに1-0のスコアで下し、下克上を果たす形でたどり着いた決戦の舞台。J1参入プレーオフに入ってから、ヴェルディのベンチには胸に『Coca Cola』のロゴが躍る、ヴェルディ川崎時代のカラフルなユニフォームが掲げられている。

 末期の胃がんと闘病しながらも力尽き、今月15日に56歳の若さで他界したクラブのOB、藤川孝幸さんを偲んだものだった。Jリーグが華々しく幕を開けた1993シーズン。カズやラモス瑠偉ら、日本代表でも主軸を務めたスターを擁し、連覇を達成したヴェルディは黄金時代の真っ只中にいた。

 そして、菊池新吉(現川崎フロンターレGKコーチ)ともに、最強軍団のゴールマウスを守ったのが藤川さんだった。キッカーが8割方優位に立つPKにめっぽう強く、ピッチを離れれば当意即妙でユーモアに富んだトークで人気を博し、盟友の都並敏史とともにラジオのパーソナリティーも務めた経験を持つ。

 藤川さんが常務取締役を務めていた、総合スポーツサービスのリーフラス株式会社の公式サイトなどで死去が発表されたのは11月20日。しかし、ヴェルディのDF田村直也は同17日に行われた、FC町田ゼルビアとのJ2最終節前に悲報を知らされていた。

「(藤川さんと)つながりのある方から聞いて、僕は個人的に知っていました。町田戦のときも思いはありましたけど、今日は発表されてから初めての試合だったので、藤川さんと一緒に戦いました」

 アルディージャ戦の先発メンバーでは最年長となる34歳の田村は、ヴェルディの下部組織の出身。ジュニアユース、そしてユースで心技体を磨き、中央大学をへて2007シーズンにベガルタ仙台へ加入。そこで偶然にも藤川さんと出会い、親交を深めてきた。

 1995シーズン限りで引退した藤川さんは2005シーズンにベガルタのGKコーチを務めるも、1年限りで退団していた。トークの面白さは仙台でも評判となり、仙台放送で毎週土曜日の夕方に生放送されているスポーツ情報番組『スポルたん!LIVE』のゲストを数十回も務めてきた。田村が懐かしそうに振り返る。

「僕のことをすごく気に入ってくれて、その番組によく呼んでもらったんです」

 藤川さんは1980年にヴェルディの前身、読売クラブに入団。下部組織の出身だったこともあり、田村を気にかけたのかもしれない。そして、田村自身も2014シーズンにヴェルディへ移籍。名実ともに後輩となってからは、古巣へ深い愛情を注ぎ続ける藤川さんの存在をより身近に感じるようになった。

 例えばリーフラスはコーポレートパートナーとして、ビジネス面でヴェルディをサポートしてきた。藤川さんに末期の胃がんが見つかり、余命3ヵ月と宣告されたのは昨年末。病名を公表し、逃げずに立ち向かう藤川さんの力になりたいと、5月26日の愛媛FC戦前には激励マッチが開催されている。

 ヴェルディのホーム、味の素スタジアムに駆けつけたラモスや都並、武田修宏ら約40人ものOBを前にして、藤川さんは「ヴェルディは自分の命でありすべて。何とか奇跡を起こして恩返ししたい」と誓った。そして、田村をはじめとする現役選手たちにはヴェルディの未来を託している。

「大丈夫ですかと聞いたら、こちらが逆に励まされるような言葉をいただいて。しっかり自分を保たれて、辛い顔ひとつ見せない『男・藤川』を見せてくれました。ヴェルディに対する思いをずっと感じていましたし、しっかりと引き継いでいかなければいけない。僕たちにできることと言えば、藤川さんの思いを汲みながら精いっぱい戦って、J1に昇格することなので」

藤川さんの思いは藤吉コーチ、そして若手へ
名門対決を制するのはどちらか

 横浜FCとの2回戦を直前に控えた先月27日には、ラモスの殿堂入りを祝うパーティーが都内で開催され、黄金期を担ったレジェンドたちが集結。スーパーサブとして黎明期に活躍し、ヴェルディユース監督をへて、昨シーズンからはトップチームのコーチを務める藤吉信次氏も出席していた。

 ラモスをはじめとするOBたちから、生前の藤川さんが望んでいたJ1復帰をかなえてほしいと、藤吉コーチは思いを託されている。公私ともに仲がよかった都並はひどく落ち込みながらも、最後は「アイツは辛い時でも常に前向きに生きてきた男だから、残されたオレたちも頑張らないと」と、ヴェルディの後輩たちに檄を飛ばすように言葉を絞り出したという。

 プレーオフを戦いながら、藤吉コーチは藤川さんの存在を感じずにはいられなかったと笑う。レギュレーションにより、ともに引き分けでも敗退が決まるアルディージャ戦と横浜FC戦で、相手が放った決定的なシュートがゴールポストやバーに弾かれる場面があった。

 そして、横浜FC戦では7分間が表示された後半アディショナルタイムの6分に、攻撃参加したゴールキーパーの上福元直人が、右コーナーキックに完璧なタイミングでヘディングを一閃。強烈なシュートは相手GKに防がれたものの、こぼれ球をドウグラス・ヴィエイラが執念で押し込んだ。

 窮地を救ってくれたバーやポスト。そして、藤川さんの後輩となる上福元の大活躍。アルディージャ戦では退場者を出しながらも耐え忍んだ。藤川さんが死去した後に続く劇的な勝利に、藤吉コーチは「今年はJ1へ上がらなきゃいけないと思う」と、墓前に吉報を届けたいと決意を新たにする。

 黄金時代を支えた読売新聞社や日本テレビが撤退して久しい。経営形態やクラブの規模を含めて、今現在は大きく変わっているが、東京オリンピック世代となる下部組織出身の21歳、MF井上潮音らヴェルディ川崎を直接知らないホープたちは、どんなチームだったのかと、藤吉コーチによく尋ねてくる。

「何か興味があるみたいですね。僕としては昔のことを忘れてほしくないし、いつまでも引きずられてほしくもない。過去を踏まえて、新しいヴェルディを作っていけたらいいなと」

 図らずも伝統の橋渡し役を担っている藤吉コーチが目を細めた。紅白戦の最中に、タックルを仕掛けられたラモスが激高。若手と取っ組み合いの喧嘩を始めることが日常茶飯事だった黄金時代の光景を知らされた井上は、こんな言葉を紡いでいる。

「昔は本当に負けず嫌いな選手が多かったと聞いていますし、そういう方々がいたからこそいまのヴェルディがあると思っています。公式戦はもちろん、練習ひとつを取っても絶対に負けたくない気持ちで臨むことは、昔から変わらないヴェルディの伝統だと思っています」

 チケットが前売り段階で完売した決定戦も、90分間を終えて引き分けならばジュビロが残留を果たす。状況的には不利ながらも、ジュビロには追い詰められた悲壮感が、ヴェルディには失う物は何もない勢いがある。10年前と同じく前者が残留を勝ち取るか。あるいは、クラブ創設50周年となる来年を後者がJ1で迎えられるか。名門同士の激突は午後2時にキックオフを迎える。

※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

image