世界に発信できる カローラスポーツ…岩貞るみこ【日本カーオブザイヤー2018-19】

今年の1台を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019」の最終選考会が7日、行なわれ、ボルボ『XC40』がイヤーカーとなった。モータージャーナリストの岩貞るみこ氏はトヨタ『カローラスポーツ』に10点を投じた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーは選考委員の投票によって決定する。60名の委員がそれぞれ25点の持ち点を対象車10車種(10ベスト)のうち5車種に配点する。そのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。10点を与える車種は1車種とする。2018-2019では、ボルボXC40が363点でイヤーカーとなった。次点はトヨタ・カローラスポーツの314点、3位はフォルクスワーゲン『ポロ』の197点だった。

以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載された岩貞るみこ氏のコメント。

☆☆☆

使いやすいパッケージ、素直なハンドリング。ハイブリッドと小排気量+ターボ、CVTと6速MTがラインナップにあり、ちょい乗りユーザーも、走りが好きな人も、燃費や環境に敏感な人も、それぞれのユーザーが自分らしく走れるクルマ。シートの形状が抜群によく、長時間乗っていても疲れず快適。世界に発信できる日本の誇れる一台。

☆☆☆

全投票点数(掲載はノミネート番号順)
トヨタ・カローラスポーツ:10点
三菱エクリプスクロス:1点
アルファロメオ・ステルヴィオ:1点
ボルボXC40:8点
フォルクスワーゲン・ポロ:5点