暴行容疑で21歳男を書類送検 県内初適用 /高知


 県警高速隊は7日、高速道路で車をあおり、進路をふさいで無理やり停車させたなどとして、大豊町の会社員の男(21)を暴行容疑で書類送検した。あおり運転に暴行容疑を適用したのは県内で初めて。


 送検容疑は8月11日午後9時10分ごろから約6分間、高知道の南国インターチェンジ(IC)手前から高知ICにかけ、県内在住の50代女性が運転…

残り245文字(全文408文字)