森口博子、苦手なことは?と聞かれ「結婚」

 森口博子が、8日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演。結婚観について語った。 
 今年6月、50歳になった森口。誕生日を迎えたその日、「(50歳に)なれたという思いと、『どうしよう、孤独死とかいやだな』といったいろいろな思いで」涙がこぼれてしまったと話した。だが翌日「あれ、いつもの日常だ」と再び落ち着きを取り戻し、「今まで以上に頑張ろう」と前向きに思えたそう。

 阿川佐和子から「苦手なことは何ですか?」と聞かれた彼女は、やや間を置いてから「……結婚」とつぶやき、笑いを誘った。「(結婚の)イメージが浮かびません」と述べ、「今さら他人とどう向き合ったらいいのか分からなくなってきた」と悩みを告白。また「恋はするけど暮らしとなると……」とも。

 もし結婚するとしても、「基本的には寝室は一緒だが、ライブの前の日は一人で寝させてもらいたい」「クリスマスはデートよりディナーショー」など、仕事を優先させてほしいと望んだ。

 アイドルとしてデビューするもなかなか芽が出ず、バラエティに転向した森口。だがその世界で成功すると、歌手としてのオファーも舞い込んだことから、「夢には締め切りがない」と番組前半で語っていた。彼女は自ら言ったその言葉にかけて、「結婚にも締め切りがない」と言って笑わせていた。