神奈川・海老名市で山林に放火、海自隊員の男逮捕

0分48秒

 海上自衛官の男が、神奈川県海老名市の山林に放火したとして逮捕されました。

 逮捕されたのは、海老名市に住む海上自衛隊中央システム通信隊所属の3等海曹、金井啓祐容疑者(29)で、今年10月、海老名市柏ヶ谷の山林にライターで火をつけ、およそ8平方メートルを焼いた疑いが持たれています。付近の防犯カメラの映像から、金井容疑者の関与が浮上しました。

 取り調べに対し、「山林に入って火をつけました」と、容疑を認めているということです。

 金井容疑者は、同じ時期に近くの住宅の車庫などが焼けた4件の不審火についても関与をほのめかしているということで、警察は金井容疑者に余罪があるとみて調べています。