退団のエルドレッドが「Mata ne!」インスタでカープ愛つづる

 今季限りで広島を退団したブラッド・エルドレッド内野手(38)が8日、自身のインスタグラムを更新し、“カープ愛”をつづった。優勝旅行に合流したハワイでの家族写真とともに「広島カープの家族の一員であることに感謝」と記した。

 V旅行に合流したエルドレッドは現地で日本での現役続行を希望。来季所属先は未定も「来年、日本でプレーできるのであれば戻って来てプレーしたい」とも話していた。来日7年目の今季は38試合の出場で打率・213、5本塁打、14打点。6月7日の日本ハム戦を最後に出場はなく、9月下旬に首の検査のため帰国していたが、患部は回復。米国で自主トレを重ねながら、オファーを待っている。

 インスタグラムには「とても多くの思い出と友情ができた」などとチームメイトやファンへ、さらに「Thank you Mr・Matsuda」と松田元オーナーにも感謝の言葉を贈った。最後は「決してさよならではないです」と再会を約束し、「Mata ne!」と結んだ。

 ファンに愛されたエルドレッドだけあって、コメント欄には「エルちゃん、頑張って」「エル様帰ってきて」「ありがとうカントリー」と多くの言葉が並んでいた。