高須院長 仏デモに「市民運動の矛盾が詰め込まれている」

image

【フランスのデモに高須院長が苦言】

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、フランスで発生した反政府デモについてお話をうかがいました。

 * * *

──フランスで燃料税引き上げに反対するデモ行動が広まり、マクロン大統領は増税の延期を決めました。

高須:あれはデモではないよ。暴動だ。単なる暴力行為。どんな思想があろうと、どんな目的があろうと手段が間違っている。そして、それに屈するフランス政府もけしからん。本来なら制圧すべきだよ。

 国家は国民の家なんだよ。だだをこねて暴れる子供を甘やかしていたら、家庭が間違いなく崩壊する。家族の長は暴れる子供を抑えつけてでも鎮めなければならない。フランスもそう。マクロン大統領は自分の権限で暴徒を鎮圧すべきだったと思うね。

 一度、暴力に屈してしまうと、もはや政府や大統領は存在意義を失うんだよ。政府が何をしようが、大統領がどんな話をしようが、市民と呼ばれる暴徒が街に火をつけたら、すべてがひっくり返るというありえない状況を生み出してしまったんだからね。そんなもの国家でも何でもない。単なる無政府状態だ。ナポレオンのような1人の力で世の中を治めることができる英雄が現れない限り、フランスは暴徒の思うがままの状態だね。悲しいよ。

──今回のデモ運動は「ジレ・ジョーヌ」(フランス語で、黄色いベスト)と呼ばれ、SNSでの呼びかけで集まった人々が多いとのことです。もちろん、平和的なデモを行う人もいるのですが、その一方で破壊行為や略奪行為をする人々もいるようですね。

高須:マクロン政権に対して不満を抱えているということは同じなのかもしれないけど、デモ参加者の思想や目的はバラバラなのだろうね。そんなものが果たして正しいデモといえるのか、ということだよ。