MLB=エンゼルス大谷の同僚ら元選手2名が自動車事故死

image
 12月7日、MLBエンゼルスで大谷翔平投手と同僚だったルイス・バルブエナ内野手(右)ら2選手が母国ベネズエラで自動車事故により死亡した。デトロイトで5月撮影(2018年 ロイター/Rick Osentoski-USA TODAY Sports)

[カラカス 7日 ロイター] – 米大リーグ(MLB)エンゼルスで大谷翔平投手と同僚だったルイス・バルブエナ内野手(33)と、アストロズのほか日本の横浜とロッテでプレーしたこともあるホセ・カスティーヨ元内野手(37)が7日、母国ベネズエラで自動車事故により死亡した。MLBが声明で明らかにした。

車を運転していたカルロス・リベロ内野手(30)も日本のヤクルトでプレーしたことがあり、重体だと日本の複数メディアが伝えている。

3人はベネズエラ冬季リーグのバルキメシトでプレーしており、遠征先から車で帰る途中の午前2時頃に路上に転がっていた岩と衝突したという。

MLB公式ウェブサイトはロブ・マンフレッド・コミッショナーの追悼コメントを掲載。「報道の様子からも、命を落とした2選手がどれほど愛され、チームメートや球団に影響を与えていたかは明白。ベネズエラにいるご遺族と友人、ファンの皆さんに心よりお悔やみ申し上げます」と綴った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」