SKE48 24thシングルMVに竹内彩姫「ひと言でいうなら”傑作”ですよ」

総選挙での大躍進、発売したシングル2作が軒並みヒットを飛ばすなど、SKE48の2018年は、まさにデビュー10周年という記念すべき年に相応しい1年になった。休養中であったエース・松井珠理奈の復帰により、ついに全てのピースが揃った彼女たちは、12月12日に24thシングル『Stand by you』をリリースする。切なさ溢れるサウンドと温かい歌詞が印象的な今作は、10周年イヤーの最後を美しく飾ると共に、11年目という新たな時へと走り出す彼女たちに相応しい内容になった。

シングルの発売を記念して、ドワンゴジェイピーnewsでは熊崎晴香竹内彩姫、初選抜入りを果たした荒井優希という、次代のSKE48の軸を担うメンバーにインタビューを決行!3回にわけて、作品、そしてこの先に待ち受ける未来について大いに語ってもらった。

imageimage

――「これからも私たちの傍にいてね」

―10周年イヤー最後のシングル、11年目の最初を飾るシングル『Stand by you』が完成いたしました! 初めて聞いた時の感想はいかがでした?

竹内 

一言で言うなら、「傑作」ですよ。

荒井 

イントロがSKE48史上一番レベルの壮大さで、一気に高まりますよね。

熊崎 

ビビッときた。歌詞を見る前に曲を聞かせてもらったのですが……。

荒井 

開始2秒で、これは絶対にメチャクチャ良い曲だ!って、意見がみんなで一致していましたよね。

熊崎 

イントロだけで惚れこませる自信、あります!!

―メンバー全員が「神曲」と一致するって相当ですね。しかも開始2秒(笑)。

竹内 

メンバー人気、メチャ高いんですよね。本当に10周年の最後、11年目のスタートに最高の曲が来ましたよ。

荒井 

イントロが最高なのはモチロン、その後の展開も最高ですよね。だいぶ爽やか切ない感じの展開。

熊崎 

最初は爽やかでキュンキュンするんですけど、サビで切なさが増して、オチサビでドカン!と切なさがマックスにやってくるんですよ。

―冬曲でキュンキュンというと『12月のカンガルー』を想像してしまいますが、それとも違いますよね。

熊崎

『12月~』は最初から最後までカワイイ!!なんですけど、『Stand~』は、確かに可愛さもありつつ、それだけじゃなくて……なんて言えばいいんだろう?

竹内 

シットリとしていて、少し大人な雰囲気があるよね。ここ最近のSKE48にはなかったタイプの楽曲ですよ。

荒井 

だからか、ものすごくメッセージ性のある歌詞ですよね。

熊崎 

『Stand by you』は「傍にいて」「傍にいる」という意味の言葉で、「大切な人は、いつもあなたの傍にいるよ」という内容の歌詞になっています。恋人同士のことを歌った内容ではあるのですが、私たちは最初に曲を聞いた時は「私たちメンバーとファンの方との関係を歌っているな」とも思いました。10周年から11年目へと切り替わった今「これからも私たちの傍にいてね」と、ファンの皆さまに呼びかけているような、そんな意味にも捉えられる歌詞なんですよね。

竹内 

(頷く)。

荒井 

恋愛の歌でもあって、ファンの方への歌でもあるんですけど、私としては「私たちはいつでも(松井)珠理奈さんの傍にいるよ」という歌詞にも捉えられるなぁ……と思っています。MVを見ていただくと伝わると思うのですが、途中で珠理奈さんが孤独になってしまいそうになった時、私たちが珠理奈さんを囲んでギュッと抱きしめるシーンがあるんですよ。しばらくお休みされていた珠理奈さんが帰ってきて嬉しい、珠理奈さんの居場所はSKE48なんです!という気持ちを伝えるような、そんな意味にも聞こえてくるんですよね。

竹内 

オチサビの「何があっても、心配しなくていいんだ/君は一人じゃない」という歌詞は、まさにその気持ちがバン!と出ているね。だからか、MV撮影は、いつも以上に気持ちを込めて臨めた気がします。

ソロ写真:ⓒAKS

聞き手:田口俊輔