松本人志M-1暴言騒動の後輩に「ハロウィーンで騒いでいた人たちと変わらない」

 ダウンタウンの松本人志が9日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。「M-1グランプリ2018」の審査員を務めた上沼恵美子に対するとろサーモン・久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ武智正剛の暴言騒動について「ハロウィーンで騒いでた人たちと変わらない」と斬った。松本は上沼と共に番組の審査員を務めていた。

 番組では冒頭から「M-1」について特集。霜降り明星の優勝が紹介されたが、司会の東野幸治から騒動について尋ねられると「ぼくね、一番言いたいのは、エンディングで泣く寸前やった」とごまかそうとしつつも、重い口を開いた。

 動画については「見てないです」としたが「いやが応でも耳に入ってきて」と切り出し、「ハロウィーンで騒いでた人たちと変わらないことを彼らはやってるんですよ。でも彼らは40過ぎのおっさん。上沼さんは軽トラじゃないし」。ハロウィーンの渋谷で軽トラをひっくり返す事件を起こし、若者たちを引き合いに出していた。

 昨年優勝のとろサーモン・久保田と、今年のファイナリストだった武智は2日の「M-1」放送後に泥酔してインスタライブを配信。久保田は「自分の感情だけで審査せんといて」、武智も「オバハンにはみんなウンザリ」などと暴言を吐いていた。

 騒動勃発後、松本のツイッターには「ワイドナショーで説教してください」「ほんとにショック」など怒りの声が寄せられていた。