紀平梨花が初挑戦でGPファイナル優勝 ザギトワ2位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で競うGPファイナル第3日は8日(日本時間9日)、カナダ・バンクーバーで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)首位の16歳、紀平梨花(関大ク)はトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを着氷し、150・61点で1位となり、合計233・12点で初優勝を果たした。

 GPシリーズ初挑戦でのファイナル制覇は、日本勢では2005年の浅田真央以来、13年ぶり2人目の快挙。日本女子のファイナル優勝は13年の浅田以来、5年ぶり3人目(6度目)。紀平は「ファイナル優勝は考えていなかった。大舞台で思い切って滑れてうれしい」と語った。

 総合2位は平昌五輪金メダルの16歳で、SP2位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)で、フリー148・60点、合計226・53点。SP3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)がフリー144・67点、合計215・32点で総合3位。SP4位の坂本花織はフリー141・45点の合計211・68点で総合4位。SP6位の宮原知子(関大)はフリー133・79点、合計201・31点で総合6位だった。(バンクーバー=大西史恭