豊田国際競技会 白井4連覇 男子床

男子床運動で優勝した白井の演技=大西岳彦撮影


 種目別で競う体操の豊田国際競技会が8日、愛知県の豊田市総合体育館で開幕し、男子の床運動では、白井健三(日体大)が15・300点で4年連続5回目の優勝を果たした。あん馬は、長谷川智将(徳洲会体操ク)が15・175点で初優勝。大会は9日まで行われる。内村航平(リンガーハット)はけがの影響で出場していない。世界選手権で日本女子初の個人総合銀メダルに輝いた村上茉愛(日体大)も教育実習のため欠場した。

残り461文字(全文659文字)