<ベガルタ>初タイトルへのポイントは守備の安定 板倉「全員で意識して守る」

宮城

 初タイトルには守備の安定がポイントの一つになる。公式戦は3試合連続で複数失点をしている中にあって、立て直しが必要。3バックの一角を担う板倉は「球際に激しく、1対1で負けないことが勝利につながる」とみる。
 浦和のエース興梠の裏への抜け出しや、パスの供給源の柏木を止めなければ勝つのは難しい。興梠は準決勝で負傷交代しているが、要警戒のFWだ。「浦和は連係プレーにたけ、個の突破もある。全員で意識して守る」と気を引き締める。
 10月のリーグ戦では、セットプレーから同点ゴールを決めた。「次も決めたら『浦和キラー』と言われてもいいのでは」とおどける。決戦を前に、気持ちの余裕も見せていた。