GPファイナル 宇野また2位 チェン連覇

力を出しきれず、2位に終わった宇野=AP


 【バンクーバー共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル第2日は7日、バンクーバーで行われ、男子はショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーも183・43点で2位となり、合計275・10点で2季連続の2位だった。ネーサン・チェン(米国)がSP、フリーともに1位の合計282・42点で2連覇した。宇野は3種類の4回転ジャンプに計4度挑んだが、冒頭のサルコウが3回転扱いとなり、フリップが回転不足を取られた。


 女子は8日にフリーを実施する。日本勢は7日に公式練習に臨み、6日のSPでルール改正後の世界最高得点…

残り795文字(全文1065文字)