いきなり背水の陣!稀勢、進退場所で不退転の決意「しっかり集中してやりたい」

特集:
稀勢の里
土俵祭りに出席した稀勢の里(右)と白鵬。手前は八角理事長(撮影・菊本和人)

土俵祭りに出席した稀勢の里(右)と白鵬。手前は八角理事長(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲初場所は13日、東京・墨田区の両国国技館で初日を迎える。12日は国技館で土俵祭りが行われ、三役以上の力士らが出席して15日間の安全を祈願した。昨年11月の九州場所を途中休場し、平成最後の初場所に進退を懸ける横綱稀勢の里(32)は不退転の決意を口にした。すでに横綱審議委員会から「激励」を決議されており、初日から背水の陣の戦いが始まる。

 両国国技館にも東京の初雪が舞った。土俵祭りに出席した稀勢の里は、引き締まった表情で土俵を見つめる。進退を懸ける初場所。気負いを感じさせず、淡々と言葉をつむいだ。

 「いよいよですね。一日一番、しっかり集中してやりたい」

 九州場所では横綱として87年ぶりに初日から4連敗(不戦敗を除く)して、右膝を痛め途中休場。横審から、不祥事以外では初の「激励」を決議された。初場所も途中休場すれば、最も厳しい「引退勧告」が出される可能性もある。

【続きを読む】

image