貴景勝、代名詞の突き押しが冴え正代を圧倒 視聴者「大関の貫禄や」

image

<大相撲初場所>◇初日◇13日◇東京・両国国技館

 11月に行われた九州場所で幕内最高優勝を果たした関脇・貴景勝千賀ノ浦)が、前頭三枚目・正代(時津風)を突き出しで下して白星スタートを決めた。

 AbemaTVの中継で解説していた元前頭・北太樹の小野川親方は「下から突き上げた貴景勝に対して、正代は組み止められませんでしたね」と解説すると、視聴者からは「大関の貫禄や」と感嘆の声があがっていた。

 

 今場所の成績次第では大関昇進も狙える貴景勝。さらに横綱が戻って真価が問われる場所となるが、調子の良さを相撲で示して見せた。

(C)AbemaTV

1/13 17:20〜 大相撲LIVE 初場所(幕内後半)1日目[初日]

1/13 19:00〜 AbemaTV大相撲ダイジェスト

【オリジナルサイト】