なぜ稀勢の里は頭からいかないのか/大ちゃん大分析


御嶽海(左)に押し出しで敗れる稀勢の里(撮影・鈴木正人)
御嶽海(左)に押し出しで敗れる稀勢の里(撮影・鈴木正人)

<大相撲初場所>◇初日◇13日◇東京・両国国技館

腹をくくって臨んだ新年最初の相撲なのに、なぜ稀勢の里は頭からガツンといかなかったのか。そこに覚悟が見えなかった。

まず左を差してとか、そんなことは言ってられない状況だろう。なのに、左にこだわった。相手が押し相撲だから? そこは横綱なんだから押し相撲相手に、押して勝つぐらいの気概がほしかった。その左にしても、差すために張ってでもいくぐらいの意気があればいいが、それも感じられなかった。四つにこだわるから立ち合いも、胸から何となく当たった感じで上体が起きている。左を何とかねじ込もうとしても右も引っ張り込むわけではなく、ただ抱えているだけだから左が生きない。左四つの力士は、右を使わないと左は入らないんだ。立ち合いが高いまま、あの体勢で攻めても全てが中途半端。その後の流れは止めようがなかった。2日目の逸ノ城はもっと大きい相手だ。押し切るぐらいの気迫でいってほしい。(日刊スポーツ評論家・高砂浦五郎=元大関朝潮)